こんにちは、スタイリストの吉川です。

いよいよ日本全国で梅雨明け宣言!!

本格的な夏が到来しました。

ポロシャツやシャツ1枚でも、こう暑くては
なかなかジャケットなどはしばらく着れないかな~という感じです。

それでも、「場面や必要性によっては着ることもあるかも。。」というあなたのために
今日は夏ならではのジャケット着こなし術を見ていきましょう。

 

1.ジャケット袖のロールアップ

インナーはシャツでもカットソーでも可能なテクニックです。

ただ袖をまくればよいかというと、そうではないのです。

ここでひとつ袖まくりの仕方をご紹介。

下記の手順でまくっていただくと、上の写真のようになります。

 

①通常の状態から、まず一気にヒジ付近までまくり上げる。

②まくり上げたところまで1回折り、更にそれをもう1回繰り返す。

③両腕とも均等に出来たら完成。

 

これだけで腕や手元が随分と涼やかに。

ショートパンツなどで足を出すのに抵抗があるという方も、
腕ならば挑戦しやすいという声が多く、実用的な着こなしです。

 

 

 

2.インナーに明るめカットソーを合わせる

夏ジャケットのドレスダウンのインナーとして
すっかり定番となったカットソー選びは明るめの色を!

黒や紺、グレーなどのベーシック色はもちろんOKですが
陽射しの強い夏にはつい暑そうにみえてしまいがちです。

 

ジャケットそのものを明るい色にできない場合も、
インナーを明るくすることで爽やかなイメージを演出できます。

特に白やパステルカラーを選ぶと清涼感が高まります。

1.ジャケットの袖まくり

2.インナーに明るいカットソーを合わせる

まずはこの2つのポイントを手始めに
夏ならではのジャケットスタイルを探してみてください。

 

***********************