関東も梅雨入りして、暑い日もあれば
急に冷え込むような梅雨寒といわれる日も!

スタイリストでさえも、何を着ていくか悩んでしまいます。

日によって気温の変動が激しいこの時期は体調管理も、
出かける際の服装についても悩ましい時季。

 

今日のように急に冷え込んでも対応できる、
梅雨寒のファッションを考えていきましょう。

 

梅雨の季節を分析して服を決めよう

 

 

 

 

 

 

梅雨とは、5月から7月にかけてくる雨の多い時季のことです。
平均的には6月初旬からはじまり、7月下旬までの間におわります。

 

2018年度で平均気温を比較すると
5月は19.8℃、6月は22.4℃と2~3℃の上昇が見られますが
朝晩の寒暖差が大きいのが6月の特徴です。

 

更に雨が降ると、一層肌寒く感じるので注意が必要なのです。

6月のファッションは薄着+軽い上着を合わせるのがポイント。

どんな上着を選択するか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コットン素材のカーディガンは使いやすく推奨です。

ウールではさすがに暑さを感じやすいですが、
さっぱりとしたコットンで軽さとさらりとした質感がでます。

 

色もシックでおとなしいものより、季節感のある
明るい色や鮮やかな色を選ぶとグッと綺麗になります。

 

薄くて軽いジャケットを羽織るのも1つの選択肢です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトな素材を選ぶことで、かっちりした感じを和らげます。

少し暑いなと感じてきたときには腕をまくって着ることが
できるのもこうしたジャケットの利点と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グッと軽快になりますね!

着こなしによる違いを楽しむことができます。

スプリングコートを活用するのも、ひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に薄くて軽いナイロン素材でできているため、
雨による濡れにもある程度対応ができます。

着丈が長くなり過ぎると、重たい印象になるので
膝より上のショート丈を選んでおくと活用しやすいでしょう。

軽いので脱いだ際の持ち運びにも良いですし、
たたんでもシワになりにくいのも嬉しいところです。

 

毎日出かける際に、暑いか寒いか着るもので悩む時期だからこそ
どちらに転んでも対応できる準備をして出かけましょう!!