スタイリングの際、好みも含めて印象が変わるのが
実はパンツの丈の長さです。

ここ数日急激に30℃以上を記録する日が続き、
ショートパンツを履いて出かける人をたくさん見かけました。

数年後にはショートパンツで出社OKの会社がもっと増えるのでは?
と思うくらい、5月とは思えない暑さです。

①ショートパンツはどんな印象?

 

 

 

 

 

 

 

 

ショートパンツは前述の通り、ビジネスシーンではカジュアル過ぎますが
軽快さと涼しげな印象を与えてくれます。

ただ、丈の長さが短すぎてモモが出過ぎると
嫌がる女性も多いので注意が必要ということ。

まずは写真のように膝が出る位までの長さに
抑えておくのがベターです。

1万人以上コーディネートをしてきても、ショートパンツを履くのに抵抗がある
という男性は非常に多いので、無理して履かないのが鉄則です。

不安や自信のなさが態度に出てしまうと、
なぜか更に似合って見えない雰囲気になるので要注意です。

②同じ長ズボンでも印象は変わる

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ長ズボンを選んだとしても、
丈によって随分印象は変わります。

くるぶしをひとつの基準として、

1.くるぶしが完全に隠れる位の長さ

2.くるぶしが出る~軽くかかる程度の長さ

ここはかなり印象が変わるポイントです。

くるぶしにかかるか、出るかくらいの長さにすると
下まできっちり伸ばすよりも軽快さが生まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目にも涼しく見えてきますので、
これからの季節に長ズボンを履く際にはスッキリ見えます。

 

ただ、先輩男性でも年齢が上がれば上がるほど見慣れないため、
違和感を覚えてしまうこともあるので、フォーマルな場所では注意も必要です。

パンツの丈を変えることで印象が変わることを念頭において、
上手に長さを使い分けていきましょう!