「包帯パンツ」をご存知でしょうか?

日本が生んだ世界に誇る、最高の履き心地のパンツです。

現役Jリーガー、俳優、アーティスト、世界的シェフなどなど、
ジャンルを問わず一流のプロフェッショナルが愛用されています。

この包帯パンツを開発したのが、この方

 

 

野木志郎社長です。

包帯パンツの産みの親であり、現在は包帯素材を使った
あらゆるアパレルアイテムの開発にも着手されています。

とてもパワフルな経営者で、
まさに人生波乱万丈。

初めてお会いした時からとても気さくに接して頂き、
とても魅力的な大先輩です。

今年ようやくお会いできたのですが、
私自身が実は発売当時からのヘビーユーザーだったのです。

今日は1ユーザー目線から、そしてスタイリスト目線から
なぜ長きに渡り愛用し、また様々な業界を超えて
包帯パンツが愛されているのかを分析したいと思います。

 

包帯パンツ3つの特徴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①とにかく蒸れない!そして早く乾く!

まず一番の特徴はその通気性にあります。

一般的な下着の約7倍の通気性を誇り、
また部分のムレやベタつきを大幅に軽減してくれます。

当然ながら乾くのも圧倒的に早いので、
洗濯してからがとても楽です。

②抜群の肌触り

光源にかざしてみると透けるぐらい薄いのですが、
肌が透けることはありません。

包帯素材特有のふんわり感が快適です。

縫い目も内側へ出てこないような設計になっており、
履き心地の良さに繋がっています。

③優しいフィット感

ボクサーブリーフ特有の締めつけ感と
圧迫感がないため、程良いフィット感が実現されています。

スポーツや運動時にも快適なため、
プロに愛用者が多いのも納得の履き心地です。

 

今、包帯パンツは世界へ!

 

野木社長は現在ロサンゼルスで講演会や、
デザインのためアメリカへ渡航するなど海外でも活動中です!

 

アメリカの俳優、ダンサー、スポーツ選手の間でも
愛用者がどんどん増えています。

包帯素材と長年の研究の末に開発した、
素材を活かした形へとつくり上げる日本の技術。

それが結実したアンダーウェアと言えるでしょう。

野木社長は直接お話しを伺っていても、
様々な壁を乗り越えておられます。

しかも、それを楽しそうに語られるタフさをお持ちでした。

こんな背景があったのだと知ってから身につけると、
また包帯パンツへの感謝と愛着が深まりました。

野木社長の波乱万丈の人生はこちらでは語りつくせないので、
ご興味がある方はこちらをご覧ください(^^)

日本の小さなパンツ屋が世界の一流に愛される理由